共育サポート 公設塾

学力の地域格差をなくす質の高い学習内容で
どんな地域に住んでいても教育サービスに不安のない地域を・・・

・学力を底上げし、子育て世代の進学への不安を解消
・学校教育のサポートとして、小・中・高校の学習補填
・ 希望によって上位校への進学をサポート
・その子にとって最良のサービス『小中高一貫指導』

  • 「地域の中で子どもたちを育て、守っていく」
    という考えを基本とし、「教育の地域格差の解消」のために「自治体主導の学習サービス」のサポートを行い、子供たちの支援システムを目指すことを目的とする
  • ■ 地域格差をなくす ~地域の小中高生への学習補てん~
    行政による地域主体の学習塾(行政のサポーター)
    ・地域の枠にとらわれず、子どもたちにより良い教育を与えるシステム
    ・良質な学習サービスの提供
  • ■ すべての子供の学習権を保障する
    不登校児童・生徒、入退院などによる生徒に対する学習権の保障
    ・在宅(病院内)での学習指導をおこなうことで引きこもりがちな児童・生徒(入退院による著しい学力の不安を抱える生徒)の絶対的な学習の不足を補うシステム

道内の自治体とタックを組み、行政主導の塾をスタートしました。この活動は、これからの学力低下に悩む、北海道のいろいろな自治体のさきがけとしての役割を持つ活動です。

  • この法人は、「地域の中で子どもたちを育て、守っていく」という考えを基本とし、「教育の地域格差の解消」のために「自治体主導の学習サービス」のサポートとすべての子どもたちの学習権を高度に保障するための支援システムを確立することを目的とする。
  • 2008年4月より富良野にて不登校生徒対象に学習指導ボランティア「共育サポート」を設立し、数々の不登校生や子育てに悩む保護者のサポートを始める。この頃より子育て相談会(札幌、旭川、富良野など)をはじめ、入院児童生徒の学習指導ボランティア開始する(富良野、札幌市など)。2016年9/29(金)札幌市より「特定非営利活動法人共育サポート」設立承認を受け、さらに子供たちの支援システムの確立のための活動を続けている。
活動報告
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度

2021年度 活動報告

  • 4月より
  • 上砂川町公設塾 新年度開始予定 4/23(金)予定
  • 5月より
  • 占冠村公設塾  新年度開始予定 5/13(木)予定
    赤平市公設塾  新年度開始予定 5/19(水)予定

2020年度 活動報告

  • 4/18(土)~5/6(水)
  • 新型コロナウィルス非常事態宣言発令
  • 5/1(金)
  • FM富良野 モーニングママス 米田塾長取材
  • 5/4(月)
  • 北海道新聞【上川版】
    「中3向けにネット授業 富良野の共育サポート 学力向上図る」記事掲載
  • 5/7(木)~5/31(日)
  • 新型コロナウィルス緊急事態宣言継続(北海道)
  • 6/4(木)
  • 占冠村公設塾「令和2年度ステップアップサポートゼミ」継続開始(講師2名)
     → 年間回数 小5.6年国算36回×2 中1.2英数各18回×2×2学年 中3英数各36回×2 【各学年合計216回】
  • 6/9(火)
  • 上砂川町公設塾、継続開始(講師2名参加)
    → 年間回数 小4~中3 算・数 19回×6学年×2教科 【各学年合計228回】
  • 8/3(火)~/4(水)
  • 上砂川町立中央小学校 学力向上合宿イベント開催
    (今回は新型コロナウィルスの影響のため生徒の宿泊はなし
  • 8/19(水)
  • 赤平市公設塾、継続開始 → 年間回数 中3数24回 
    → 年間回数 中1.2数12回×2学年
  • 9/26(土)
  • 奈井江公設塾、継続開始 → 年間回数 中3数20回 
    → 年間回数 中1.2数10回×2学年

2019年度 活動報告

  • 4/4(木)
  • 英数学館チャレンジ教室旭川校(ママ塾)惜しまれつつも活動終了
  • 4/19(金)
  • 上砂川町公設塾、拡大継続開始
    小4生追加決定、小学生国算2教科、中学生数英2教科追加決定
    → 年間 小4~中3算・数 19回×6学年×2教科【各学年合計228回】
  • 5/9(木)
  • 占冠村公設塾「平成31年度 ステップアップサポートゼミ」大幅拡大
    → 年間回数 小5.6年国算36回×2  中1.2英数各18回×2×2学年
  • 5/15(水)
  • 赤平市公設塾、拡大継続開始 → 年間回数 中3数34回
    → 年間回数 中1.2数17回×2学年 【各学年合計68回】
  • 5/15(水)
  • 富良野市教育委員会にて打ち合わせ、5/22(水)より週2回程度(月木)を中心に、不登校生に富良野図書館内で米田が指導を開始
  • 5/30(木)
  • 北海道新聞【上川版】
    「中3向けにネット授業 富良野の共育サポート 学力向上図る」記事掲載
  • 6/11(火)
  • 北海道新聞【富良野版】「放課後 頼れる無料塾 占冠村が開設2年」記事掲載 
  • 6/15(土)
  • 奈井江町公設学習塾継続開始
    → 年間回数 中3英数20回、中1.2英数10回×2学年【各学年合計60回】
  • 7/6(土)
  • 北海道新聞【富良野版】
    「不登校の中学生 学びを支援 富良野市教委とNPOが新事業」記事掲載
  • 7/30(火)~/31(水)
  • 上砂川町立中央小学校 学力向上合宿イベント開催(in上砂川町)
  • 8/18(日)
  • 富良野不登校生ボランティア企画(第一回 富良野周辺 釣り&ハイキング)
  • 10/21(月)~/22(火)
  • 富良野不登校ボランティア企画(第二回 占冠村合宿 釣り&ハイキング)
  • 2020年
    1/13(月祝)~/14(火)
  • 富良野不登校ボランティア企画(第三回 新札幌合宿 スポーツ吹き矢体験会)
  • 2/8(土)
  • 第1回不登校に悩む保護者向け講演会(in富良野市文化会館)
    「分子栄養学の視点から学ぶ子ども達へのアプローチ講演会」
  • 2/16(日
  • 不登校に悩む生徒を中心とした「スポーツ吹き矢体験会」(in富良野市文化会館)

2018年度 活動報告

  • 4/17(火)
  • STV『どさんこワイド』【ママ塾取材内容放映】
  • 4/24(火)
  • 上砂川町公設塾、継続開始(講師2名参加)
    → 年間回数 小5~中3 算・数 19回×5学年【各学年合計95回】
  • 5/16(水)
  • 奈井江町公設学習塾開校決定
    → 年間回数 中3英数20回×2教科 中1.2英数10回×2学年×2教科【各学年合計60回】
  • 5/17(木)
  • 占冠村公設塾「平成30年度 ステップアップサポートゼミ」拡大継続
    開始
    → 年間回数 小5.6年国算36回×2 中1.2英数各18回×2×2学年
    中3英数各36回×2【各学年合計216回】
  • 6/20(水)
  • 赤平市公設塾開校決定
    → 年間回数 中3数22回 中1.2数10回×2学年【各学年合計42回】
  • 6/23(土)
  • 奈井江町公設塾授業開始(毎週土曜日
  • 7/30(月)~31(火)
  • 上砂川町立中央小学校 学力向上合宿イベント開催(上砂川町)
  • 9/4(火)
  • 札幌厚生病院の院内学級ボランティア中止(米田理事長の業務多忙等、諸事情のため)
  • 9/5(水)
  • 赤平市公設塾授業開始(毎週水曜日)
  • 9/6(木)
  • (北海道胆振東部地震発生3:07:59)
  • 2/22(金)
  • 上砂川町立中央小学校 保護者懇談会にて講演

2017年度 活動報告

  • 4/11(火)
  • 上砂川町公設塾「特定非営利活動法人共育サポート」の活動として継続
  • 5/10(火)
  • 札幌厚生病院4A病棟にて、毎週火水を中心に院内ボランティア開始
  • 6/16(金)
  • 北海道新聞【中・北空知版】「上砂川町、開設一年 公設塾 着々と『成果』」記事掲載
  • 6/22(木)
  • 占冠村公設塾「平成29年度 ステップアップサポートゼミ」開校決定
  • 6/24(土)
  • 北海道新聞【富良野版】
    「占冠村 中学生に無料塾 富良野地方初 来月開設、学校と連携も」記事
  • 7/12(水)
  • 占冠村公設塾「平成29年度 ステップアップサポートゼミ」開始
  • 7/15(土)
  • 北海道新聞【富良野版】「無料塾 授業スタート 占冠 中学生18人申込む」記事掲載
  • 7/31(月)~8/1(火)
  • 上砂川町パンケの湯にて
    「上砂川中央小学校 学力向上合宿プログラム」開催
  • 8/1(火)
  • 北海道新聞【中・北空知版】
    「学ぶ夏 頑張る児童」(上砂川中央小学校学力向上合宿の内容)記事掲載
  • 8/7(月)
  • 北海道新聞【全道版】「地方の塾 増える『公設民営』」記事掲載
  • 9/16(火)
  • 北海道新聞【中・北空知版】
    「公設塾を昨年開設した上砂川 中3学テ 正答率上昇」記事掲載
  • 11/16(木)
  • STV『どさんこワイド』
    「マチが塾を開設 教育格差の解消を」占冠公設塾 特集
  • 11/27(月)
  • STV『どさんこワイド』
    「広がる“公設塾”…効果は 学力テスト“市町村別結果”公表」上砂川取材
  • 12/12(火)
  • STV『どさんこワイド』
    「地方の教育格差に苦悩 学習塾も遠く…」占冠・上砂川特集

2016年度 活動報告

  • 4/15(金)
  • 札幌市にて「特定非営利活動法人共育サポート」申請開始
  • 5/17(金)
  • 上砂川町公設塾スタート(年19回 小5~6・中1~3クラス)
  • 5/20(金)
  • 北海道新聞 中・北空知版掲載「上砂川町公設塾開設」
  • 7/25(月)~26(火)
  • 上砂川町パンケの湯にて
    「上砂川中央小学校 学力向上合宿プログラム」開催
  • 7/29(金)
  • 北海道新聞 中・北空知版掲載「上砂川中央小学校 勉強合宿」
  • 9/29(金)
  • 札幌市より「特定非営利活動法人共育サポート」設立承認
  • 10/15(土)
  • 上砂川町PTA連合会主催 教育講演


  • 学習支援ボランティア

    すべての子どもの教育権の保障する活動

    ・入退院を繰り返す児童生徒への学校授業に追いつくためのサポート
    ・不登校で学習に不安を感じる生徒への学習サポート

  • 事 業 部

    「教育の地域格差解消」のための「自治体主導の学習サービス」のサポート

    公設学習塾設置活動
      上砂川町 (2016年5月~)
      占冠村  (2017年4月~)
      奈井江町 (2018年6月~)
      赤平市  (2018年9月~)
    ・上砂川町 上砂川中央小学校
    「学力向上合宿プログラム」開催
    ・ママ塾(2019年3月末にて終了)

  • 特定非営利活動法人 共育サポート
    代表 米田 秀昭

    富良野 のあらゆる子どもたちが通えるようにと、私塾「英数学館」を開校し、四半世紀が過ぎました。
     そのモットーは、地域に根差した学習塾の在り方でした。「一番安い値段で、一番よい指導」にこだわり続けた試みは、現在、学習指導の面では全道でもトップクラスの成績上昇率につながっています。
     また、それは同時に「地域のすべての子供たちのために」の理念のもと塾に通う子供達も通っていない子供達も、問題をかかえ悩む親子のサポートへとつながって来ています。
  • 学習塾とボランティア、「子どもの前に立つ責任」は同じです
  • 学習塾 とボランティア両者の環境の違いはありますが、子どもの前に立つという点ではまったく同じものだと考えます。その目指す活動は、「すべての子の学習権を保障する活動です。
     これまで、「英数学館」では学習塾の経営と並行し、「共育サポート」として、不登校生徒や自立支援のためのボランティア活動を行ってきました。現在、その活動は、ボランティアとして地域内の不校生への学習サポートの他、心の病に悩む子たちのサポート、悩む親へのサポート、病院内で学校を欠席せざる負えない入院児童生徒への学習サポートへとつながってきています。
  • 教育の充実は地域に安心と希望を与え、魅力的なかけがえのない「ふるさと」を創造します
  • 地域 に根差した教育とは、地域の子供たちすべてに学習権が保障されていること、そしてこの「学習権」とは、子供たちの可能性を開花させる学力の向上を促すものでもあるべきです。学力の向上は、自らを磨き、努力する子供たちをつくり、夢を広げ己の確かな生き方を見つけることにつながります。
     これからの地域つくりに欠かせないものとして子供たちの夢をサポートできる学習環境を地域内に持ち、適切なコーチをおこなえるシステムを確立することが必要でしょう。
     それは地域を子育て世代にとどまらず、あらゆる世代にとって魅力的な「わがふるさと」として成長させることにもつながります。教育と地域(生活)はとてもした存在です。「共育サポートの活動は、今後、子供たちのそして地域の未来につながる、大きな一歩」になるものと確信しています。