Support

分子栄養学の視点から学ぶ 子ども達へのアプローチ講演会

 今月の8日(土)に富良野文化会館で「分子栄養学の視点から学ぶ 子ども達へのアプローチ講演会」が開催されます。

思春期にみられる原因が特定できない頭痛、うつ、朝起きれない…などの症状。その場その場の対処療法しか手がなく、何も良くならない…。

 ところで「分子栄養学」ってなんでしょう? 今回、講師を務めていただける安藤 麻希子先生が管理しているオーソモレキュラーアカデミーのホームページによると「投薬だけに頼らず、栄養指導や生活習慣の改善から根本的治療をめざし、自然治癒力を高めること」とあります。

今回の講演で新たな発見があるかもしれません。参加は、無料ですが定員がありますので必ず、参加ご希望の方はお申し込みください。